一般製品

製品のメーカーやサプライヤーは、IoTを活用することで数多くのビジネス変革の機会が生まれます。製品がクラウドに接続され、データを送信するようになると、製品の監視、メンテナンス、サポートを大幅に改善できます。その結果、稼働時間の増大、サービス訪問回数の減少によるサポートコストの低減、顧客満足度の向上が実現します。AylaのIoTは、デバイスを接続、セキュア化、管理、グローバル展開するのに必要な基本要素をすべて提供するとともに、製品サポートを最適化し、サポートコストを真に削減するのに必要なビジネスアプリケーションを提供します。

OEMにとっての利点

IoTにより、メーカーは製品をリモートで監視、サポートできるほか、フィールドサービス部門やディーラーは、サポート業務の効率化を図ることができます。

製品診断:パフォーマンスに問題が生じると特定し、ほぼリアルタイムにサポートを提供

デバイス管理機能:ファームウェアのOTAアップデートを配信したり、デバイスを再起動して製品のパフォーマンス問題にリモートで対処

柔軟に構成可能なプラットフォーム:特定のビジネスや製品の要件に合わせて、高度にカスタマイズした機能を追加可能

専門家によるコンサルティングサービス:高い価値とソリューションへの投資効果(ROI)を保てるように、より高度なデータ分析(機械学習、AI、予知保全など)の導入に際してOEMをサポート

サポートチーム、ディーラーにとっての利点

サポートチームやディーラーは、製品の遠隔監視により、製品をより効率よくサポートできるほか、保守要員の訪問回数の減少と解決までの時間の短縮により、運用コストを大幅に削減できます。

大量のデバイスをサポートするディーラーやフィールドサービス技術者が、トラブルの重大度や根本原因を通知する製品診断に基づいて、保守要員の訪問をより効率的に計画し、ルートを決めることが可能

製品データを社内のサービス管理アプリケーションと統合することで、組織全体のサポート効率を向上

製品診断で補充の時期をタイミングよく特定できるので、収益と顧客満足度の向上につながる

Aylaのデータ保護とコンプライアンス機能(GDPR対応など)により、顧客の機密データのプライバシーを確保

ユースケース

照明機器

他の商用IoT機器の事例と同様の運用効率向上や他のシステムとのインテグレーションのみならず、セキュリティや居住者の快適性を提供するような照明範囲の最適化など新規のアプリケーションを提供することが出来ます。


HVAC

コネクテッド ビルディングに不可欠な要素の一つであるHVACは、コントローラーやサーモスタット、センサーなど多くの構成要素の組み合わせにより様々なアプリケーションを可能にします。占有率に基づいてビル内の特定の空間を加熱、冷却したり、電力ピーク時の負荷を軽減するためにサードパーティーの知見を活用したり、IoTが数多くの可能性を引き出します。


セキュリティ、入退室管理

コネクテッドビルディングの事例の多くは、効率性に焦点を置いています。しかし、セキュリティとアクセスコントロールもIoTの多くの利点が享受できるアプリケーションの一つです。ビルオーナー、ユーザー企業は旧来に比べて低コストでメンテナンス性の高いシステムによって、簡単に外部からの侵入を検知しビルのセキュリティ性を高め、居住者の位置情報などと関連づけた快適な入退室管理と提供することが可能になりました。

導入企業一覧

Culligan Water Logo

leakSMART Logo

Prolitec Logo

RemoteLock