スマートホーム

スマートホームは最高に快適です。市場に登場する家庭向けIoTデバイスが増え続けるなか、スマートホームは現実のものになりつつあります。とはいえ、多くのデバイスメーカーが市場に支持される優れた製品を短期間に開発、発売するには、依然、課題が残ります。家電や家庭用HVAC(暖房、冷房、各種空調)機器といった製品の設計・製造では他社より得意でも、IoTソリューションの基本的な構成要素である、ネットワーキング、セキュリティ、データ管理については専門家ではありません。Aylaがお手伝いできるのは、この部分です。AylaのIoTは、スマートホームデバイスを接続、セキュア化、管理、グローバル展開するのに必要な基本要素をすべて提供するとともに、カスタマーサポートを最適化し、新たな付加価値サービスと収益機会の実現に必要なビジネスアプリケーションを提供します。

OEMにとっての利点

IoTにより、OEMはユーザーが自社製品とどのように関わっているのかを把握し、その知見を更なる製品、サービスに展開することが可能になります。継続的なユーザーとの関係をもったサービス事業者への道が開けます。IoTによりIoTにより

デバイスの使用状況を把握することで、より迅速な改善対応が可能に

新規の収益モデルの構築

他社のIoTデバイスなどとシステムの相互運用を可能にする柔軟性

ユーザーとの継続的な関係の強化

ユーザーにとっての利点

スマートホーム化がもたらすIoTのメリットを享受するのは、デバイスの製造業者だけではありません。IoTによりもたらされる新たなアプリケーションやデバイスの機能性の向上、ユーザーサポートの向上など、エンドユーザーにも多くの利点をもたらします。

IoT化により強化される製品の機能性

デバイス運用管理における効率性、省エネルギー性の向上

製品診断で補充の時期を遠隔管理などによる効率化

スマートホームの事例

スマート家電

エンドユーザーにクラウドがもたらす新規機能によるユーザー体験を提案するだけでなく、リモート診断、動作分析などによるメンテナンス性の向上が可能になります。OEMはユーザーが自社製品とどのように関わっているのかをより深く把握し、製品の改善やOTA による機能更新、新規サービスの展開によりビジネスを拡大することが出来ます。


家庭向け浄水機

米国の家庭向け水、空気処理システムへの需要は2019年までに5.5%増加し年間23億ドル規模になると言われています。これらの多くはフィルターなどの消耗品ビジネスとなります。IoT化された浄水器なら、水処理の性能変化をモニターしユーザーにアラート機能や消耗品交換のお知らせ機能を提供することができます。

導入企業一覧

Hampton

hunter

RemoteLock