スマート家電

IoTは、消費者の日常的な健康やライフスタイルを改善する多数の機会をもたらし、家電メーカーに莫大なビジネスチャンスを創出します。通常の電子機器にクラウド接続機能を追加し、データを取り込み、分析して使用状況や消費者行動のパターンを把握することで、家電分野の企業は消費者に新たな価値を提供し、市場での存在感を高めることができます。実現できる価値の例を挙げると、ライフスタイルの提案やヒント、新製品の提案、製品の使用状況の追跡とレポートによる健康や家庭向けベストプラクティスのアドバイスなどがあります。AylaのIoTは、家電デバイスを接続、セキュア化、管理、グローバル展開するのに必要な基本要素をすべて提供するとともに、カスタマーサポートを最適化し、新たな付加価値サービスと収益機会の実現に必要なビジネスアプリケーションを提供します。

OEMにとっての利点

IoTによりOEMはユーザーが自社製品とどのように関わっているのかを把握し、その知見を更なる製品、サービスに展開することが可能になります。継続的なユーザーとの関係をもったサービス事業者への道が開けます。

デバイスの使用状況を把握することで、より迅速な改善対応が可能に

新規の収益モデルの構築

他社のIoTデバイスなどとシステムの相互運用を可能にする柔軟性

ユーザーとの継続的な関係の強化

ユーザーにとっての利点

IoTは家電ユーザーに新たな価値を提供します。クラウドがもたらす新たなユーザー体験と機能性やメンテナンス性の向上など多くの利点をもたらします。

クラウドがもたらす新たなユーザー体験

デバイスの使用状況のみえる化がもたらす最適化

デバイス運用管理における効率性、省エネルギー性の向上

遠隔管理などによる効率化

スマート製品事例

ウェアラブル機器

2018年には世界市場で1億1190万台規模の出荷が予測されるウェアラブルの健康管理デバイスの市場は急速に拡大しています。AylaではウェアラブルデバイスのOEMにクラウド接続やデバイスマネージメントなど各種機能を提供しています。


スマートプラグ

スマートプラグは既存の家電製品に遠隔コントロールの機能を追加します。照明機器からコーヒーマシンまで、既存のIoT化されていないデバイスをインターネットに接続できるようにします。ユーザーはモバイルアプリからデバイスをON/OFFしたり、スケジュールを作成したり、電力使用量を管理することもできます。AylaのIoTプラットフォームがクラウド基盤とモバイルアプリのサポートをOEMに提供、スマートプラグの迅速な市場投入を可能にしています。

導入企業一覧